知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:健康】
梅雨時の部屋干しの方法ご存じですか?
~上手な部屋干しテクニックで、部屋の中をクリーンに~

梅雨の季節となりました。雨の日は、洗濯物を室内で干すしかなく、家の中がジメジ メして、なんとなく不快に感じている方も多いのではないでしょうか。部屋干しは、ダニやカビが発生しやすく、健康に悪影響を及ぼすこともあります。そこで今回は、梅雨時 を少しでも快適に過ごすために、上手な部屋干しの方法についてご紹介します。


まず洗濯物を早く乾かす方法として、脱水した後に、短時間でも乾燥機にかけてから干すと、温度が上がって乾きやすくなります。パリッとした仕上がりを望むなら、逆に部屋干しで少し湿り気が残った状態で、乾燥機にかけるのもよいでしょう。また乾燥機がない場合は、軽くアイロンをかける方法もあります。シャツの一部分だけが乾いていない場合は、アイロンを使ってシワを伸ばしながら乾かすこともできます。


そして、部屋干しのコツは、湿度を下げることと空気の流れを作ることです。湿度は、エアコンの除湿機能や除湿機を利用して、乾燥しやすい環境をつくるとよいでしょう。浴室はもともと湿度を下げやすい造りになっていますので、洗濯物を干すには適しています。また、換気扇や扇風機、サーキュレーターなどを活用して、空気の流れを作ることを意識しましょう。


次に洗濯物の干し方は、洗濯物同士の間隔をなるべく開けることがポイント。例えば、バスタオルなどの大物の隣には、靴下や小さめのタオルなどを干すなど、長いものと短いもの、厚いものと薄いものを交互にすると風が通りやすく、乾きが早くなります。また、縫い目は乾きにくいので、裏返しにして縫い目を表にして干すと早く乾きますよ。


部屋干しによるダニやカビを防ぐ方法としては、梅雨の晴れ間などを利用して窓を開けて換気したり、こまめに掃除を行って、クリーンな環境づくりを行うよう心がけます。換気の際には、家の中に風の通り道をつくるために、窓を 2 カ所開けましょう。掃除機は、汚れた空気を排気しない排気循環式や、目の細かいフィルター付きのものがおすすめです。また、寝具のカバーやシーツは、頻繁に洗うことをおすすめします。


洗濯物の嫌なニオイの原因は、洗濯物をぬれたまま一カ所にまとめていたり、洗剤量が多いケースがあります。こまめな洗濯や洗剤の量をチェックすることで改善する場合があります。また雑菌が付いて、ニオイが取れなくなったタオルなどは、煮沸消毒すると、除菌できますよ。


部屋の構造や設備のほか、洗濯を行う時間帯など、洗濯事情は家庭によって異なります。各家庭に合った上手な洗濯方法で、ジメジメした季節を健康的にすっきり乗り切りたいですね。