知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
枝毛や切れ毛で悩んでいませんか?
~夏の日差しに負けない美しい髪に~

夏の強い日差しを受けた髪は、枝毛や切れ毛などのトラブルが起こりがちです。傷んでしまった髪は、正しくケアしないとますますパサついて、疲れた印象になってしまいます。そこで今回は、枝毛・切れ毛を防ぐヘアケア方法についてご紹介します。


枝毛・切れ毛は、髪のキューティクルがダメージを受けて中から水分が出てしまうことから起こり、髪の繊維が裂けてしまった状態。原因としては、強い紫外線やドライヤーのかけ過ぎ、髪を濡らしたまま放置することなどが挙げられます。またストレスなどによる血行不良が一因となることもあります。


枝毛・切れ毛を防ぐには、いくつかのポイントがあります。シャンプーは頭皮や髪の汚れを落とすために欠かませんが、できるだけ髪に負担をかけないようにします。シャンプーのときには髪がからまないように、事前に軽くといておくとよいでしょう。その際のくしは、摩擦の少ないつげぐしがおすすめです。


特に傷みが気になるときは毛先にオイルを多めに付けて、ラップで巻いて15分程度おいておくのも効果的です。シャンプーは頭皮を中心に洗うようにして、毛先はあまり洗わないようにするのもポイント。一方、トリートメントは頭皮には付けず、髪の長さの真ん中あたりから毛先まで付けるようにしましょう。またシャンプーとトリートメントは、頭皮や髪にやさしいものを選びたいですね。


乾かし方にも一工夫を。こすらずにトントンと押さえるようにタオルドライをして、タオルの上からドライヤーをかけると、熱から髪を守ることができます。ドライヤーの温度はなるべく低めにして、特に毛先は傷みやすいので冷風で乾かしましょう。ときどき毛先を切ることも大切。意外と枝毛・切れ毛が進んでいることが多いので、少し長めに切るのがコツです。切り方が悪いと新たな枝毛につながることもあるので、美容師さんに相談して切ってもらうのもよいでしょう。

まだまだ夏の強い日差しは続きますが、うるおいのある美しい髪で過ごしたいもの。髪の疲れを秋まで持ち越さないように、日頃からしっかりケアしておきたいですね。